中古ドメインこそ最強であることを示す画像

最強の中古ドメインとはどんなものなのか知っていますか!中古ドメインの存在を知っていますか?中古ドメインは実は中古なのに超最強なんです!何が最強なのかは更新していく記事をお楽しみに!

中古ドメインで注意したい自動更新とwhois情報

中古ドメインはWebサーバに設定すればすぐに効果が現れると勘違いされやすいのですが、実際にはいくつか注意点があります。その一つがwhois情報です。ウェブサイトで利用されてきた中古ドメインは多くが検索サイトで評価されます。検索サイトでの評価ではインデックスが作成されるのですが、中古ドメインのいくつかはインデックスがない場合があります。その際、whois情報を確認してどのような方がもっていたのか確認しておきたいところです。企業アカウントならメールで利用されていたか、そもそも何にも使われていなかったかもしれません。しかし、個人の場合やレジストラ所有になっている場合はペナルティを受けている可能性も否定できません。検索サイトでのペナルティは違法サイトであったり、ツールでPVやバックリンクを増やしたウェブサイトでよく起こります。一度ペナルティを受けるとオーナーが変わっても引き継がれますのでウェブサイトで利用することは諦めたほうがよいドメインとも言えます。また、検索サイトでの評価は自動更新なので新しいウェブサイトができればペナルティを消されるという情報もありますが、ほとんどの方がペナルティの解除はないと考えています。インデックスについては関連させるコンテンツをどのように選ぶかも重要です。コンテンツの方向性が同じなら効果を引き継げますが、まったく違う分野の記事をインデックスにつなげても書き換えられてしまうだけの場合が多いです。インデックスはキーワード、カテゴリが同じか似ている場合に引き継げると考えられています。また、自動更新される場合の危険性にパス切れがあります。パスが切れていればインデックスが削除されることが多いので要注意です。